中古ドメインを使った403エラーの接続について

立ち上げたサイトにアクセスをしようとしたら、403Forbiddenエラーが出て接続ができなくて困ったことはありませんか?そんな時の原因と対象法をいくつか紹介します。
まずは403Foebidednエラーとは何かから簡単に説明しておきます。これは403接続エラーともいい、ネット上にアクセスしようとしたページはあるが見ることができない状態になっていることを意味しています。
なぜページがあるのに見られない状態になっているかというと、パーミッションが与えられていないかったり、サイトが混雑していることでうまくアクセスできなかったり、「.htaccess」という設定ファイルがおかしかったり、サーバーの管理者やプロバイダーの問題など様々な要因があります。
サイトが混雑しているのならしばらく時間をおいてアクセスしなおせばいいですし、サーバーやプロバイダーの問題なら管理者などに問い合わせて見る必要があります。「.htaccess」とはサーバーの設定をするファイルで、ディレクトリに対してアクセスを禁止していたり制限していたりするとエラーが出てしまいます。サーバーやプロバイダーによっては操作できないこともあるので、ファイルが見当たらない場合は問い合わせる必要があります。パーミッションとは権限のことで、ファイルの内容によって「実行のみ可能」であったり、「呼び出しだけ可能」などのように設定することができ、それらが正しくないとエラーが出ます。
あと新規のドメインの場合は問題ないのですが、中古ドメインを使用している場合はDNSサーバー(ネームサーバー)の設定が必要になります。DNSサーバーとは、IPアドレスというサーバーに割り振られている数字とドメインを結びつけるもので、中古ドメインはどのサーバーとも結び付けられていないので自分でどのサーバーを使うか指定しないとサーバーにアクセスできません。