中古ドメインの売買とwebsiteexplorer

中古ドメインの売買にあたっては中古ドメインの価値をどのように考えるかで価格が変わってきます。売買する量が多くなった場合はチェックせずにオークション形式で販売したり、管理費などを考慮して価格を決めることも多くなっており、中古ドメインを買う側にとっては掘り出し物が出てくる可能性が高まっています。中古ドメインの評価はwebsiteexplorerなどのツールやサービスを利用することで分かるのですが、ツールによって評価が変わってくることも多いので最後は自身で判断することが大事です。中古ドメインの評価のポイントは主に3つあります。1つは検索サイトでの評価です。検索サイトでの評価はインデックスの形で表されます。検索サイトでドメイン検索をすればすぐに判断できます。インデックスについては軽視する方も増えているのですが、まだまだ評価のポイントとしては重要です。2つめはバックリンクの数です。バックリンクはSNSなどで作られるリンクのことであり、従来は無料ブログなどで作られることも多かったリンクです。しかし、検索アルゴリズムが変わり、ドメイン付きのサイトからのリンクでないと価値がないと判断されることが多くなっています。また、SNSのリンクが重要視されてきており、バックリンクのチェックも変わってきています。3つめはディレクトリサービスへの登録です。ディレクトリサービスはヤフーなどが有名ですが、新たに登録されることは難しくなっていることもあり、ソーシャルブックマークを含めた他のサービスでの登録状況が重要視されてきています。ディレクトリサービスは長く安定したPVを提供してくれるので大きな価値として評価されています。