中古ドメインで重要なルックアップとリブセンスの利用

中古ドメインを利用してウェブサイトを運用するなら2つのポイントがあります。1つはバックリンクを調べること、2つめはドメインネームサーバをしっかり運用することです。バックリンクについては事前調査が重要です。中古ドメインの多くはすぐに売買されないことが多く、事前に調査できる期間があります。調査方法としてはバックリンクとインデックスの調査となります。バックリンクはブログからのリンクが重要視されてきましたが、ブログからSNSへとリンクの価値が変わってきています。リンクについてはSNSでどれだけ拡散されたか、またはフォロワー数が多い方からリンクされたかが重要になっています。このようなリンクの調査はとても手間がかかっていたのですが、リブセンスなどバックリンクを調査してくれるサービスも多くなってきています。バックリンクについては数だけではなく、質も重要です。質については誰がリンクしたのかが重要ですが、もう1つ、キーワードも大事です。どのようなツイートや書き込みが多い方からリンクされているかでキーワードが把握しやすくなります。キーワードについてはウェブサイトを作っていく上でも重要な要素です。また、検索サイトでもドメイン検索をすることでカテゴリやキーワードが把握しやすくなっています。ウェブサイトに中古ドメインを適用させるなら前ウェブサイトで構築されたキーワードやカテゴリを最大限活かす必要が出てきます。中古ドメインを購入後も注意が必要です。ドメインを買ったら移管作業が行われ、DNSサーバへルックアップテーブルとして設定が行われます。特に移管作業は時間がかかることも多いことからスケジュールには余裕をもたせることが大事です。